「足利に伝わるものがたり 不思議な都(さと)」(菊地 礼子著)

978-4-88748-341-5

足利に伝わるものがたり

(978-4-88748-341-5)

不思議な都(さと)

菊地 礼子

「私も含めてのことであるが、足利人は足利の歴史を知らなすぎる。
 力不足は承知のうえで、足利の歴史をわかりやすく書いたものが出来ないかと考えた。
 この本では古い時代から新しい時代へと物語りを拾ってあるのもそのためである。」(はじめにより)

1 おこり石
2 どんどん山と勾玉さま
3 足利に来た行基さま
4 将門の腹や手などが足利に落ちてきた話
5 足利義兼と蛭子さま
6 もう一つの足利氏 足利忠綱の伝説
7 笛吹坂
8 学校さまの字降り松
9 江戸時代の足利の話
10 足利の謎

四六判/並製/64頁/定価 本体1000円+税
ISBN 978-4-88748-341-5 C0039
2017年7月6日 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥1,000(税別)
数量