住民自治が輝くとちぎに 接続可能な地域づくり

978-4-88748-331-6

住民自治が輝くとちぎに

(978-4-88748-331-6)

<ずいそうしゃブックレット19 >     

  とちぎ地域・自治研究所 

 憲法と地方自治法を活し、県民の平和と生活を守るために。 
 

 「とちぎ地域・自治研究所」は、自治体職員・議員や研究者、多くの住民が参加して、自治体の行政、社会・経済、医療・福祉、環境、教育・文化など地域・自治にかかわる広範な諸問題についての調査研究と学習交流を目的として2002年7月に設立しました。これまで、自治体の行財政やまちづくり・地方自治制度のあり方を考えるフォーラムや講座・講演会などの開催とともに、2004年から3次にわたり県政白書を出版してきました。 

 「まちの将来は住民が決める」ものです。今後も、21世紀を地方自治の時代とするために活動していきます。 

 A5判/並製/128頁/定価 本体1000円+税
 ISBN 978-4-88748-331-6 
 2016年9月30日 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥1,000(税別)
数量

関連商品

  • 978-4-88748-264-7

    道州制で県民の暮らしはどうなる?

    住民自治が輝き、地域経済を再生するために。TPP、原発事故、高齢者福祉。県民が輝くまちづくりを考える第三次県政白書。

    ¥1,000
  • 978-4-88748-180-0

    分権・自治・協働の社会へ

    とちぎ地方自治モデルを提起する書籍。新自由主義政策から、命と生活を守る市民が主人公の県政にするためにはどうすべきかを提起。「とちぎ地方自治モデルの提案」「県民の暮らしと栃木県政への提言」「地域経済への提言」の項からなる。住民協働の力で、地域再生と共生を目指す第二次県政白書。

    ¥1,500
  • 4-88748-113-6

    検証と提言 福田県政の四年間

    福田県政のこの4年間をどう評価するのか?今、県民は何を求めているのか!? 福祉・医療・雇用・教育・環境・地域振興・地方分権。山積した課題に政治はどう立ち向かい、どう答えていくのか。未来に向けた県政白書。

    ¥1,000