北関東川紀行3 利根川

978-4-88748-241-8

北関東川紀行Ⅲ 利根川

(978-4-88748-241-8)

 

北関東川紀行3

栗村 芳實 ・ 東  敏雄 編

坂東太郎の異名を持つ大河利根川。
大水上山の三角雪渓から落ちる一滴のしずくが沢水となり、悠々と北関東を横断、そして太平洋に注ぐ。
河口から源流までの川筋を訪ね歩いた水辺の旅路。
川はもうひとつの道である。

A5判/並製/176頁/定価 本体1500円+税
ISBN 978-4-88748-241-8
2011年9月8日 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥1,500(税別)
数量

関連商品

  • 978-4-88748-194-7

    北関東川紀行Ⅱ 鬼怒川・小貝川・渡良瀬川

    多彩、かつ芳醇な下野の中世。歴史の縦糸である時間軸と、横糸である地域・交通を空間軸にし、さらに史料と歴史観にこだわり俯瞰する中世下野の世界。大国の狭間で懸命に生き、戦い抜いた人々の、輝ける歴史の舞台を旅する。

    ¥1,500
  • 978-4-88748-152-7

    北関東川紀行Ⅰ 久慈川・那珂川

     霊峰八溝山を源流に抱く清流久慈川。そして、奥那須三斗小屋宿から那須野が原を流下する那珂川。その流域に育まれた歴史と文化を追い求め、河口から源流までを訪ね歩いた川紀行。カラー写真に、歴史解説を加え、見て、読んで、学べる一冊。

    ¥1,500